弁護士に任意整理の依頼を行うときの流れについて

TOP > 弁護士に任意整理の依頼を行うときの流れについて

消費者金融などから借り入れをした結果として、借金が膨らんでしまったときには自分ひとりで悩むことなく、弁護士に相談することが一番です。


弁護士に相談すれば、いくつかある債務整理の手続きの中から、債務者にとって最も良い方法を選択してもらうことができます。

最近、利用する人が多い債務整理の手続きとしては、任意整理のことを挙げることができます。
任意整理の依頼をしたいと考えているときには、弁護士や司法書士が運営をしている法律事務所の無料相談を受けるところから始めます。

法律の相談情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

ホームページ上から無料相談の予約を取れるところであったり、申込みフォームが設置されている法律事務所もありますので、申込みの手続きを行うことで相談を受けます。


無料相談では、どのような債務整理が適しているのかを判断するためのヒアリングが行われます。

ヒアリングでは現在の借り入れ状況であったり、収入の状況、生活費に必要な金額、どのような債務整理を行いたいのかという意向、毎月の返済金額などを質問されます。

無料相談を受けた結果として、正式に依頼をしたいと感じる弁護士の先生が居たときには依頼をする流れとなります。



依頼を行うときに委任契約を締結しますので、その際に着手金を支払うことが多いと言えます。

任意整理の依頼を行う契約を交わしたときには、弁護士のほうから借り入れ先の金融業者に受任通知が発送されて、交渉が開始されます。



交渉によって和解案を提案して、利息のカットであったり、返済金額の減額を請求していくことになります。